しまむらのブラックフライデー

ブラックフライデーをご存知ですか?「ブラックフライデー」は11月の第4金曜日におこなわれる、盛大な安売り祭の事をいいます。

元々はUSAやハワイでおこなわれ始めた感謝祭催事であってますが、それがなんとニホンの皆さんが大お好きな「しまむら」だとしても開催されるようになりました。

おまけに「しまむら」でのブラックフライデーバーゲンセールは11月の第4金曜日から土曜・日曜まで催される事もあり、3日間を通して多くの品物が半額になったりと、かなりお買い得ですのです。

例えば、「福袋」は何となくお正月にしかおこなわない想像ですが、しまむらのブラックフライデーセールでは、メンズ服・女の人用服・キッズ男児服・キッズ女児服・ベビー男児服・ベビー女児服、とおのおのに合わせた服が何着かセットになって2000円と言う福袋が売られている事もあります。

又、しまむらの福袋の多くは福袋本体も一定グレードの紙袋等の「後でゴミになる物」、後の使い勝手まで考えられた「リュックや手さげバッグ」になっているのも一つのメリットです。

こうしたブラックフライデーセールの際に一つ買入しておけば、お子さんからの宿泊スタディや遠足、また夫婦での旅行の際にも部屋着等として使えて楽ですね。

又、日々の利用で定期的に消耗する「下着類」も、ブラックフライデーセールがおこなわれる際にチラシをよく確かめつつ身内分揃えてしまえばお買い物上手になれやうです。

半額に近しいセールは滅多にありませんので、しまむらのブラックフライデーセールをお見逃しのないよう、願わくは確認してみてください。

しまむらセール

新聞をとっていらっしゃる方ならば、毎週みたいに入る「しまむらチラシ」。

毎回「お安くてかわゆいものが手に入る!」と多くの方に評判ですが、年に数回「しまむらセール」と言うさらにお得なセールが開催されます。

しまむらセールが格段にお得なワケは「50%オフ」や、「900円均一」、中には「200円均一」の服等が売っている時期もあります。

ありのままにに私自身、200円セールの際に200円のスカートを買入した事がありますが、あったか素材で出来ていますので秋から冬季にかけて、大大大活躍しました。

特に寒い日には下にレギンスやトレンカを履いて近くのコンビニ等まで出かける事も出来ますし、「部屋着やちょっとしたおでかけにお金をかけたくない」、ですとか「ちょっとそこまでお出掛けをおこなう際は楽な格好をしたい」なんて方にかなりお奨めです。

特に若いママさんは「自分の服は極力お安く買入して、ちびっこの服にお金をかけたい」なんて方が多くいらっしゃるやうですので、家計にも優しくオシャレUPが出来るなんて夢のやうですね。

他にも毎日御主人が利用するネクタイのセールですとか、定期的にマメな交換が必要になる「敷きパッド」なんかもシングル大きさだと1つ900円で売られている事もありますので、こういったしまむらセールを利用するのは多くの持つメリットがありやうです。

しまむらでは「タオル」や「シーズン物の服」等がメインとして数多揃っていますので、「消耗品にお金をなるべくかけずに、かついつもオシャレで清潔な物を身に付けたい」と言う方にはバツグンなショップです。

しまむら最終処分セール

しまむらの最終処分セールは、かなりの「破格」な価値で色々な品物が売られている事で大変評判が高いやうです。

特に毎日家計をやりくりしている主婦の方には「ここぞ!」と言うビックチャンスなセールですので、服や靴をこの機会に大量買いする方も少なくないといいます。

あたし自身もしまむらの最終の処分セールに行なったことがありますけれど、その際には元値が1000円程のニット帽が、なんと「税込100円」で売られていて即買いしてしまいました。

ネット上だとしても、ありのままにに「しまむら最終処分セール」を狙って行かれる方のなかには、元値が2000円程の品物を税込100円で買入・元値4000円近くの品物を300円で買入した、と言う強者もいらっしゃいました。

しまむらの価値表記は他のショップ舗とギャップ、「税込値段表示」な事も心置きなく買えるポイントです。

「ブーツをデザインごとに何足かあったら嬉しい!」と言う方も最終処分セールであることを確かめて、「1足300円」で沢山買入してらっしゃる方や同じように100円近くに価値が下がった衣類をいっぱい買入していらっしゃる方等、皆さんおのおのおもいおもいの買い物術でより「しまむら最終処分セール」をお得に楽しんでいるのが分かります。

主婦の方以外にも学生さんや若い女の人の方も「最終処分セールでお安く買えて得したテンション!」とSNS上で自慢したくなってしまう程テンションが上がるセールなやうです。

老若男女問わず色々な品物が手に入るのも「しまむら」ならではですね。