ルイヴィトンとは

有名ブランドの「ルイヴィトン」今ではその名を知らない人はいないほどの人気ブランドです。
ルイヴィトンが誕生したのは1821年のことです。
創業者「ルイ・ヴィトン」の名前を単にブランド名にされました。
彼がフランスのスーツケース職人の元で修業をして、その後1854年に世界で初めての旅行カバン専門店を作りました。
これがルイヴィトンの基礎となるものです。
今でこそルイヴィトンと言えば、カバンだけではなく、財布、小もの入れ、パスケース、靴、帽子、服など様々なアイテムがありますが、当初は旅行カバンを作っていました。
ルイヴィトンが世界から注目を集めるようになったのは1867年に開催された世界博覧会において銅賞に輝いたことがきっかけでした。
世界各国の王室からも軽くて際立つ製品として認められて注文を受けるほどでした。
ルイヴィトンのトランクはキャンバス地で覆ったものです。
トランクの上から布地をはりつけるルイが考えた技法は賢明なものでしたが、容易にコピー商品を探ることから多くのコピー商品が世の中に出回ることになってしまいました。
別にカバンや財布など需要の多いものについては多くのコピー品が作られました。
そのためルイヴィトン側も別の布地を取り扱うなど対応策を考えていきました。
そうして1888年模造品防止のために考え出されたのが今のルイヴィトンのロゴでもあるベージュと茶褐色を使ってチェス盤をイメージした「ダミエ・ライン」が登場しました。
これは1889年に開催された博覧会において金賞を受賞しました。
ルイヴィトンの有名な「モノグラム」というロゴと花柄を混ぜた模様は1896年に開発されて1901年にモノグラムのカバンがようやく登場したのです。
その後現代にいたるまでルイヴィトンは相当様々なデザインの商品を販売してきました。