結婚式の服装のマナー


結婚式に出席するときの服装は、普段ているワンピースではなく、フォーマルワンピースがふさわしいです。ピアノなどの発表会で着るような煌びやかなロングドレスや、露出の多い“お水系”のドレスは、結婚式には向いていません。
フォーマルワンピースの色は、白だと花嫁がメインで着る色なのでだめ。シルバーやクリームベージュなどの白という色も、小ものなどが詳しいと白っぽく窺えるので避けましょう。小ものをねちっこい色にすれば、全身が白には見えないので大丈夫です。
また、黒のドレスに黒のボレロやバッグ、靴、それに一連のパールのネックレスを合わせると、“喪服”のようになってしまうので、結婚式の服としては良くありません。黒のドレスも、嬉しい色のボレロやジャケット、ストールを羽織ったり、ゴールドやシルバーなどの小ものを併せたりすれば、明るい印象になります。
結婚式や披露宴では、胸の谷間を強調するようなドレスや、膝上10cm以上のミニ丈のスカート、スリットが太股まで入っているような露出の多いデザインは相応しくありません。また、結婚式には肩を鳴らすのも良くないので、羽織ものをあわせましょう。ただ、カジュアルなスタイルの披露宴などでは、肩を出しても適切場合もあります。
結婚式の服でトップが高いのは、ネイビーのドレスです。上品な雰囲気になるので、若い方からミセスまでどの年代の方も選べる色です。ピンクのドレスも女性らしくて結婚式では人気です。20代の方は発色の良い面白いピンク、30代は淡いベージュピンク、40代以上のミセスはエレガントな桜ピンクがお薦めです。また、ミセスには、肌によくなじむベージュのドレスもお薦めで、ピンクもののフェミニンカラーに抵抗のある方にもベージュは着易いでしょう。

結婚式の二次会の服装


結婚式の二次会は、挙式や披露宴と違って、睦まじい友人や職場の方たちがメインとなって、ゲームや余興などで面白く燃えるスタイルになっていることがほとんどです。
そうは言っても、新郎・新婦を祝福するためのお祝いの席に変わりないので、2人の友人として恥をかかないように常識のある服装で参加したいですよね。
結婚式の二次会は、結婚式よりも会場の雰囲気や料理、会の時間、パーティの規模など、新郎・新婦の個性によって選択肢がさまざまあります。つまり、出席する側はその会に合わせた対応が必要になるのです。そのため、どんな雰囲気の二次会なのか、招待状をよく確認しておくことが大切です。
招待状で確認することは、二次会の日にちは挙式・披露宴と同じ日か、会場の場所はどういうところか、会費はいくらかということです。
挙式・披露宴の後に二次会が続けて受け取れる場合は、式からの出席者も手広く参加されるので、フォーマルワンピースなどのまま二次会に参加することになると思います。そのため、二次会で着替えて、自分だけカジュアルすぎて浮かないように気をつけないといけません。また、続けて二次会に出席する場合は、そのことも考えて結婚式のフォーマルワンピースを選びましょう。
二次会の会場は、専ら結婚式場で受け取れるフォーマルなものと、レストランやカフェなどを貸し切りとして受け取れるセミフォーマルのもの、居酒屋などのパーティスペースで受け取れるカジュアルスタイルのものがあります。
会場の雰囲気がわかり辛い場合は、会費から多分わかります。会費が2,000円~4,000円だとカジュアルな会、5,000円~7,000円だとセミフォーマルな会、8,000円~10000円だとフォーマルな会になると思います。
また、40代以上のミセスが二次会に出席するとなると、どんな服装で行けば良いか戸惑うと思います。ミセスにお薦めの二次会の服装は、落ち着いた色合いのワンピースです。ミセスの肌に合う色は、ネイビーやブルーがお薦めで、上品な大人の魅力を引き出していただける。また、胸元にティアードが施されたデザインは、体型をカバーする効果もあります。

二次会の会場別の服装選び


結婚式の二次会は、会場や雰囲気よっては、結婚式もののフォーマルワンピースもののきっちりとした服装でなくても嬉しい場合が多いです。それでも、その出席する二次会がどんなスタイルの会なのか確認しておかないと、服装で浮いてしまっていたたまれない思いをすることもあるかもしれません。こうしたことにならないためにも、会場別の服装やマナーについて確認してください。
会費が8,000円~10000円くらい掛かる二次会や、挙式と披露宴が終わった後に、おんなじ会場で二次会が受ける場合は、結婚式の出席者が丸々出席することが多いので、フォーマルな服装がふさわしいです。結婚式の会場と同じ場合は、丸ごとフォーマルワンピースも良いですし、露出が少ないパーティドレスなら問題ないでしょう。夜の二次会では肩をもたらす程度の露出なら大丈夫ですが、周りとの服装の差を考えて、羽織ものを持参しておいた方が良いでしょう。また、夜の寒さが気になるミセスも、直ちに取り出せるストールなどを携帯していると安心です。
逆に、カジュアル過ぎ去る服装はだめ。材料が綿の服や柄もののワンピースは、このような二次会にはカジュアル過ぎてしまう。こうした服装で出席する場合は、小ものやアクセサリーなどで高級感を出しましょう。
レストランやカフェなどで受けるセミフォーマルな二次会では、結構カジュアルな服装もOKです。但し、普段いくようなレストランやカフェなら、とカジュアルなパーティを想像するかもしれませんが、普段着ものの格好はだめ。そのお店がいかなる雰囲気なのか下調べしておきましょう。フォーマルワンピースも良いですが、僅か堅苦しいかな、と感じる場合は、ジャケットやカーディガンを着けると良いでしょう。一番良いのが、無地の“よそ行き”ワンピースです。それに、パーティ用の小ものを用意すればセミフォーマルになります。ワンピースが苦手、というミセスは、デザインや材料が上品なものなら、パンツスタイルもOKです。
居酒屋などが会場の場合は、さすがにドレスで行くと逆に浮いてしまいます。でも未だにの服装ではなく、できればワンピースやスーツなど、普段着以上のきちんとした服装にください。また、カジュアルな会といっても、素足だったりサンダルやミュールを履いて行ったりするのは避けた方が良いでしょう。