体型をカバーするフォーマルワンピース


多くの60代のミセスの悩みは、「体にメリハリがないから、綺麗なラインになるように着たい」「ぽっこりしたおなかを隠したい」など体型に関することが多いので、結婚式にきるフォーマルワンピースは、その悩みをカバーできるものが理想でしょう。
袖があって全体的にゆったりとしたデザインのフォーマルワンピースは、体の気になるところをカバーして、体のラインを美しく見せてくれる効果があります。色は、水色やベージュ、赤紫などがフォーマルな感じが出て、長時間の結婚式も着乱れること無く、ラクラク送れるドレスが60代のミセスには良いでしょう。
上品なワインレッドの生地は、40代~60代のミセスにお薦めです。サテン生地の上に透け感のあるシフォンが繰り返しられたドレスは、悠然と体を包み美しいシルエットになるので、優雅な雰囲気に仕上がります。また、ひらひらとした透け感のある袖は、二の腕が気になる方もカバーしてくれます。より大人らしい魅力を引き出すには、バッグや靴は黒やシルバーのものがお薦めです。女性の柔らかさを出したい場合は、ベージュやゴールド系が良いでしょう。
美しい発色の水色のドレスは、顔周りを華やかに見せ、白髪の方にもよく見合うので、60代のミセスにお薦めです。ウエストの締めつけがないゆったりとしたデザインのものは、ぽっちゃりしたおなかもカバーできるので安心です。濃いめの水色にはシルバーがよく映えるので、バッグや靴、アクセサリーはシルバー系のものが良いでしょう。締めつけのないシンプルな形のドレスに飾り付けるネックレスは、ショートにするとすっきりとし、ロングのものは大人っぽくなります。

ポンチョ風のフォーマルワンピース


60代のミセスにオススメの結婚式ファッションで、最近人気が高まってきているのは、“ポンチョ風”のフォーマルワンピースです。
最近のスタイルとして、お呼ばれ用のワンピースを着た上に、ポンチョを着合わせるファッションがあります。肌の露出を押さえたり体型をカバーしたりするフォーマルなスタイルも60代のミセスにオススメです。エレガントでクラシカルなシルエットに仕上がるだけでなく、重ねて着ているので寒さ対策にも最適です。60代のミセスだと、「結婚式の会場が寒いかもしれない」、ということも考えて、防寒グッズをペラペラ用意する方もいると思います。そんな方も、ポンチョ風のフォーマルワンピースは、それだけで温かいのでオススメです。
落ち着いた色合いのブルーのワンピースに、ゆったりとしたシースルーのポンチョを合わせたフォーマルワンピースは、エレガントな“貴婦人”の雰囲気になります。ポンチョを着た状態では防寒対策になりますし、体の気になる部分もカバーしてくれます。ポンチョを着ている時は、その上から羽織ものを着る必要はありません。ポンチョのモチーフが付いている場合は、バッグや靴などの色をそのモチーフに合わせましょう。
淡いピンクのワンピースにポンチョを差し向けるフォーマルワンピースもミセスにオススメです。もちろんポンチョを繰り返し着するのも良いですが、落ち着いたピンクのドレスには、黒のボレロを羽織っても素敵です。ボレロは丈が少ないもので、袖にドレープが効いたり、襟元にさりげないフリルが施されていたりするものがオススメです。

瑞々しい生地のドレス


60代のミセスに人気の結婚式のドレスは、全体的に、張りのある固めの生地のものよりも、柔らかくてしなやかな生地のドレスです。張りのある生地のドレスは、フォーマル感はありますが、少々堅苦しくて肌なじみが良くないので、ドレスを着る機会が僅か方には、着こなすのが難しいようです。
それに比べて、瑞々しい生地によるドレスは、体のラインに自然となじむので、フォーマルな服装に慣れていない方それでも着こなすことができます。また、60代のミセスの肌にも抵抗なくなじむということで、レース生地と同じように人気があります。
背中の露出が薄く、丈も長めのフォーマルワンピースは、全体的に落ち着いていて50代~60代前半のミセスにぴったりです。胸元にドレープが効いていると大人っぽい印象になりますし、光沢のある生地だと高級感があって上品な雰囲気になります。丈の長いドレスには、透け感のあるレースのストールを合わせると、ゆゆしくならずにバランス良く着こなすことができます。靴やバッグなどの小ものは、ケバイものは避けて、シンプルなデザインのものにすることで、美しく優雅なドレスが引き立ちます。
60代のミセスには、ピンクのフォーマルワンピースはふと抵抗があるかもしれません。それでも、落ち着いた色のピンクであったり、光の加減で色が変化したりする生地のドレスなら、上品で高級感があり優雅な雰囲気を生み出すので、ミセスの結婚式のお呼ばれファッションとしてもおすすめです。また、美しく透けるストールを合わせると、再び大人っぽい魅力があふれます。