フォーマルワンピースに合うジャケット


50代ミセスは、結婚式のフォーマルワンピースに対して、「腕を押し出すのはお断りな」「ドレス1枚では寒いかもしれない」と感じる方は多いと思います。そんな方にお勧めなのが、パーティドレスに合うジャケットです。ちゃんと感がアップして、ご親族として結婚式に参列する場合にも最適なコーディネイトになります。
ミセスの方にお勧めなのが、七分袖のシルバー系のジャケットです。織り目のあるデザインのシャンタン生地に、フリルが袖や裾に施されたものは、高級感があり誠にエレガントに見える。ただ、シャンタン生地は張りがあるので、フォーマル感が出て良いのですが、バストが幅広い方は、バストの大きさが再び目立ってしまうのでそれほどお勧めできません。
このようなジャケットは、エレガントなミセス向けのデザインなので、パープルやネイビー、グリーンなどの落ち着いた濃いめの色のフォーマルワンピースにぴったりです。また、丈が少ないジャケットは、ウエストの切り替え部分が高い位置にあるドレスにお勧めです。ただ、若い年代向けのドレスや黒いドレスには合わないことが多いので、気をつけましょう。
シャンタン材料の黒の長袖ボレロは、フォーマルな正当派な印象になります。生地に張りがあり、肩パットが入っていると、フォルムがピッタリして、結婚式にはいやによく合います。このデザインのボレロは、トレンドのものではないので、ミセス向けの落ち着いたエレガントなドレスにお勧めです。

1枚でまとまる袖付きドレス


結婚式のマナーでは、肩の肌を押し出すのは良くありません。そのため、フォーマルワンピースを着ける時は、ジャケットやボレロ、ストールなどフォーマルな羽織ものを着用することが多くなりますが、ドレスのデザインや色と差し向けるのはほぼコーディネイトが難しいものです。そんなミセスにオススメなのが、二の腕を隠せてコーディネイトも無用、1枚できっちり感が出る袖付きのドレスです。また、長時間着ていても着壊れること無く、食事を全くおなかが難しくならない、ゆったりとした着心地のドレスも人気です。
透け感のある長袖に、フワフワとしたドレープのフォーマルワンピースは、貴婦人のようで50代以上のミセスにオススメです。縦のラインがすっきり見えますが、身長が悪い方はヒールを合わせると良いでしょう。鮮やかなブルーは品がかわいく、若く見える。長袖なので着けるものはいりませんが、ゴールドのストールを合わせると、どんどん品が増します。
ネックレスは短めのパールが良いでしょう。
50代後半以降のミセスにオススメなのが、パープルの気品のあるレースのドレスです。袖が透けていると、一層エレガントな印象になります。全体的にレースが施されていたり、裾が波模様になっていたりすると、高級感がありご親族として結婚式に参列する際に最適です、パープルのドレスには、ネイビーのジャケットを合わせるとフォーマル感が出て良いでしょう。また、首にゴールドのストールをフワフワと巻けば華やかになりますし、気になる首のシワも包み隠すことができます。

ミセスのドレス選びのポイントは生地感


50代のミセスがフォーマルワンピースを選びなら、つるっとした生地よりも、質感のある生地や模様のあるものの方が、肌になじむので着易いと思います。
例えば、全体に織り目が入ったシャンタン生地や、元来模様のレース生地など、生地に凹凸があると50代の肌にもすばらしくなじみます。また、刺繍が入っていたり、ラメが施されていたりするデザインも、華やかに演出してくれるので人気です。このように、50代のミセスがフォーマルワンピースを選ぶポイントは、色や形だけでなく、生地感も大切なのです。
50代後半~60代のミセスにお薦めなのが、全体的に華やかな刺繍が施されたゴールドのフォーマルワンピースです。厚手の生地のものは、体型が出にくいですし、腰が絞ってあれば細く見える。実に上品な色ですし、肌にもなじみ易いです。赤いコサージュを添えても華やぐので、結婚式にぴったりです。ジャケットを着る場合は、ゴールドに映える黒のものが良いでしょう。その場合、靴やバッグも黒で統一させましょう。よりおしゃれに着たいという方は、同系色のベージュのレースストールをあわせましょう。
ワインレッドのドレスはエレガントで、50代のミセスにお薦めの色です。ビロードものの生地は高級感があって、ご親族として結婚式に参列する場合にもはおることができます。フォーマル感を出したい場合は、きちんとしたデザインのベージュのボレロがお薦めです。この場合、靴やバッグは黒が合います。また、黒のレースストールをはおると、大人の華やかさが増します。ただ、小ものも黒にすると重たくなってしまうので、ゴールドやブラウンのものにください。