シンプルクール系のドレス


結婚式にフォーマルワンピースを着たいけど、甘すぎるスカートは抵抗がある、シンプルでも質感のあるクールドレスが良い、という40代のミセスにお進めなのが、シンプルクール系のフォーマルワンピースです。例えば、スカートはタイトで、全体的なシルエットがシンプルなのが特徴で、生地に質感をもたせたり、一部のデザインでアクセントを加えたりすることで、大人のおしゃれを演出します。
上半身は白でスカートは黒のバイカラーのフォーマルワンピースは、大人のかっこよさが引き立ちます。光沢感と高級感のあるサテン生地で、Vネックになっていると、首もとがすっきり美しく見える。身長のおっきい方は、そこそこ長めのスカートがお進めです。それにロングネックレスをコーディネイトすることで、縦長ラインが強調され美しくなります。ドレス自体が白と黒でシンプルな色合いなので、バッグや靴はラメ入りの黒やゴールドを使うと良いでしょう。
結婚式には再びシンプルなドレスで出席したい、という方は、黒やねちっこいネイビーのIラインのドレスがお進めです。装飾ばかりないデザインで、自分がかつて持ち歩いている小ものけれども併せ易いのも特徴です。
肌を白くのぞかせる効果のあるネイビーは、20代後半~40代と年齢層も幅広く着こなすことができる万能色です。つやのある質感なら40代ミセスの大人の肌も美しく映えます。羽織ものとバッグを白にすれば華やかになりますし、シルバー系にすれば節度が増します。ネイビーのリボンベルトをプラスすれば、可愛さをさりげなく演出できます。

50代ミセスにお勧めの黒のコーデ


50代のミセスのフォーマルワンピースは、20代や30代のころと違って、高級感や魅力が必要になります。まずは、50代のミセスが結婚式に招待されたところお薦めのフォーマルワンピースを紹介します。
50代になると、おなか周りや背中、おしりなどのお肉が気になったり、赤やピンク、青などの詳しい色のドレスに抵抗があったり、久しぶりに結婚式に招待されると、延々と迷うと思います。そういった悩みもあって、50代のミセスには、黒のフォーマルワンピースが人気になっています。黒は、体を細かく挙げる“ひきしめ効果”がありますし、顔も美しく映える効果があります。また、ご親族として結婚式に出席しても、間違いのないカラーです。まずは、おしゃれを楽しみたい50代のミセスにお薦めの、黒ドレスの選び方を紹介します。
黒地にラメで模様が散りばめられたドレスは、それだけではなはだ上品です。よりおしゃれ感を出したい場合は、ネイビーのジャケットを羽織ったり、グレーのコサージュを添えたりすると、明るさが増します。惜しくも華やかに目指す方は、マルチカラーのパールのネックレスやシルバーのストールをコーディネイトすると良いでしょう。
また、ハイネックで胸元の生地がほんのり透けているデザインのドレスは、大人っぽくて本当にクールです。体のラインが出るような細長シルエットのものなら、大人の魅力があふれます。細長シルエットの黒ドレスには、フワリとした材料の黒ストールと、キラキラときらめく小ものを結び付けるのがお薦めです。

黒ドレスのコーディネイト


50代のミセスが結婚式に出席するとなると、できるだけ控えめなドレスが良い方もいると思います。「体型を強調したくないな」「着心地がゆったりしたドレスが良い」「無難なドレスでもフォーマルなものがあれば」という方に50代ミセスにお進めなのは、袖のある黒のドレスです。ただ、真っ黒になってしまうと、結婚式にはそれほど良くないので、バッグや靴、アクセサリー、コサージュなどを工夫して華やかさをアップさせることが大切です。
袖の部分などにシフォン生地による黒のフォーマルワンピースなら、黒一色も恐ろしい印象にはなりません。ウエストラインなど部分的に花などの模様が施されていると、ますますエレガントになります。揃える小ものは、黒だと暗くなってしまうので、淡いピンクやベージュなどの嬉しい色の小もので、お祝いの雰囲気を演出しましょう。胸元に華やかなコサージュを加えるのもお進めです。
長めのスカート丈のフォーマルワンピースは、さほど年齢を選ばず着用できます。上半身にフリルが入っていると、エレガントな印象になります。ウエスト部分がゆるく絞られて2ピースのようになったデザインは、上品で自然と狭く見せて貰える。ただ、コーディネイトによっては、真っ黒で“喪服”のように見えてしまうので、黒をあおるゴールドを取りこみましょう。例えば、肩にゴールドのストールをさらっとかけたり、靴やバッグをきらめく材料を使用したものにしたりして、華やかな結婚式に合わせましょう。