海外セレブとUGG


日本では必ずしも有名というわけでは弱いブランドの中にも、海外セレブ御用達のブランドは数多くあります。
たとえば、「UGG(アグ)」もその中のひとつでしょう。
このUGGというブランドは、オーストラリアのブーツ専門ブランドです。
オーストラリアのブランドということで、日本ではそこまでメジャーではありませんでした。
但し、UGGのブーツがアメリカのハリウッド俳優、つまりは海外セレブに着目されて以降は、日本でファッションに興味を持つ人達の間それでは既に定着しているブランドとなっています。
予め、UGGのブーツは、オーストラリアで盛んに行われている羊毛刈りを通している人達がよく履いていたそうです。
そもそもUGGという名前自体、「ダサイブーツ」を意味するUgly Bootsから来てあり、当初はファッション、オシャレといった分野と対極にあった商品ということがうかがえます。
但しその後、その温かさや履き心地の良さが一般人にも盛り込みられ、その名声は欧米にまで届いたという、ある意味物珍しいブランドです。
高品質な羊毛を100%使用したUGGのブーツは、これまでのブーツの概念を打ち破り、そこが別に海外セレブに人気を集めた要因となっています。
そういったUGGのブーツを愛用している海外セレブは、ヒラリー・ダフ、ペネロペ・クルス、アシュレイ・ティスデイル、ジェニファー・ロペス、サラ・ジェシカ・パーカー等です。
世界中のセレブが、UGGの人懐っこいブーツでその美しい足を包み込んでいます。

海外セレブとクーラブラ

UGGにおいて、オーストラリアで羊皮を使用した靴類を製造、販売している海外セレブ注目のブランドとして、「クーラブラ」も外せません。
こちらも主にブーツを作ってあり、海外セレブに愛用されているブランドのひとつとなっています。
1900年代前半から存在していたUGGと比べ、クーラブラの歴史はあまり長くはありません。
誕生したのは、1980年代です。
西オーストラリアにおいて、家族経営という形で作られたクーラブラの商品は、100%手作りでした。
そのためいとも商品数は限定されますが、その分かなり丁寧に作られてあり、オーストラリアの羊の中それでも最高級といわれるメリノ羊の羊毛を通じていることもあって、人気を博したのです。
因みに、クーラブラという名前の由来は、「カンガルー+石」だそうです。
その外見自体は、UGGのブーツと比べて大きな違いはありません。
逆に言えば、差があるのは品質と歴史ということになります。
UGGの方が先にメジャーになったものの、クーラブラを愛用する海外セレブは少なくありません。
いとも品質の良いブランドであることがわかります。
また、このブランドは日本ももはや有名で、多くのモデルが愛用しています。
日本での定着度はUGGより上かもしれません。
そういったクーラブラを愛用する海外セレブは、ローレン・コンラッド、ヴァネッサ・ハジェンズ、アシュレイ・ティスデイル、オルセン姉妹、マイリー・サイラス、ミーシャ・バートン、パリス・ヒルトン、ヒラリー・ダフといった面々です。

海外セレブとミネトンカ


ブーツの専門ブランドは、UGGやクーラブラといったオーストラリア勢が良い人気を博していますが、アメリカにも一大ブランドがあります。
その代表格が、「ミネトンカ」です。
ミネトンカは、アメリカ合衆国ミネソタ州ヘネピン郡の市の名前でもありますが、今ではこの銘柄の方が世界的に有名になっています。
生まれたのは1964年と、古参でもなければ新鋭でもない、中堅ブランドといったところです。
ミネトンカが作っているブーツは、自家製ということで、ひとつひとつの商品があんまり余程同じではありません。
逆に言えば、同じ種類のものけれども、その全ての商品に個性があるということです。
その点も、海外セレブに人気を得た要因かもしれません。
品質に関しては、言うまでもなく非常に高いです。
そんなミネトンカを愛用する海外セレブは、特にLAのセレブが多いようです。
日本でいうところの「都会っ子」にウケが有難いブランド、ということなのでしょう。
そうして、その愛用者の例としては、シエナ・ミラー、リンジー・ローハン、ニコール・リッチー、メアリー=ケイト・オルセン、ヒラリー・ダフ、ケイト・モス、アシュレイ・ティスデイルといった面々が挙げられます。
ブーツというのは、冬以外はどうも着用の機会がないように思われがちですが、実際には薄着との相性も嬉しいため、わざわざ優しい時期に履く人も多いようです。
ミネトンカのブーツは、そこそこ通気性が美しく、その点も人気の一因なのかもしれません。

海外セレブとドルチェ&ガッバーナ

ファッションの聖地といわれるイタリアにあって、近年の代表的なブランドといえば、「ドルチェ&ガッバーナ」は外せないでしょう。
このドルチェ&ガッバーナ、本当はたいしてその歴史は新しかったりします。
ブランドが立ち上がったのは1982年それで、他の有名ブランドと比べると、その歴史はまだ特別な重みを有していないように思えます。
但し逆に言えば、これだけの短期間で他の古参ブランドに肩を並べるほどの地位を手に入れたその背景には、確かな品質と工夫、そして海外セレブに愛され続けた実績がある、といえるのではないでしょうか。
現に、ドルチェ&ガッバーナの商品を愛用する海外セレブは、かなりの数にのぼります。
更に、90年代に入ってからはその人気に拍車がかかりました。
メンズファッションにも力を注ぎ始めたことで、その幅をまるごと広げたことも大きかったのでしょう。
ドルチェ&ガッバーナを支持する海外セレブは、アンジェリーナ・ジョリー、ジゼル・ブンチェン、ケイト・ボスワース、ローレン・コンラッド、ヴィクトリア・ベッカム、ニコール・リッチー、リンジー・ローハン、アシュリー・シンプソン、ハイディ・モンタグといった面々です。
このブランドの大きな特徴は、何といってもスタイリッシュで斬新なデザイン。
オシャレという言葉が何よりも似合うブランドです。
因みに、D&Gはこのドルチェ&ガッバーナのセカンドラインのブランドです。
90年代に設立されて以降、同時に支持され続けています。