注目を集める海外セレブ


前もって海外志向が力強い戦後の日本では、欧米を賛美する声が硬い傾向があります。
一際ファッション関連に関しては、それが色濃いのではないでしょうか。
ハリウッド女優や人気映画の主演俳優にあこがれる日本人は、全く多いようです。
そういう中、2000年代後半になって、新規憧れの対象として「海外セレブ」という存在がクローズアップ浴びるようになってきました。
ただ、セレブという定義が不確かこともあり、海外セレブとはどの層を指すのか、今ひとつはっきりしない部分もあります。
そのため、今ひとつ世代には至って今ひとつ言葉となってしまっています。
海外セレブの定義を考えた場合、やっぱ「セレブ=経済的に豊かな人」という構図が一般的である以上、海外のお金保ちの人という定義が最も妥当でしょう。
ただ、お金保ちかどうかの基準というのも、はっきりしないのが実状です。
なので、ひとつの基準となるのが、「芸能界」、「財界人」、「政治家」といったカテゴリーです。
有名芸能人は元々「スター」という呼ばれ方を浴びることが良識でしたが、近年海外では「セレブ」という言葉をよく用いるようになっています。
これに財界人や政治家を与え、総称として「海外セレブ」という言葉を使うのが良識となっています。
お金を持っていそうな人達、というニュアンスであることは変わりありませんが、どんどん限定的な言葉として、近年それでは使われているようです。
海外セレブの登場によって、日本も若者のファッションをはじめ、様々な点に影響が現れています。

海外セレブとゴシップ

日本でブームになる以前の1990年代後半、その発祥の地となるアメリカで海外セレブは同時に「セレブ」という言葉が浸透しました。
そのきっかけとなったのは、有名歌手のスキャンダルです。
別に有名なのは、日本も人気の歌手、ブリトニー・スピアーズです。
ブリトニーは90年代後半、アメリカで非常におっきい人気を集めた歌手でしたが、それ以上に破天荒な私生活にも注目が集まっていました。
何度もトラブルを起こし、人気歌手である一方、「お騒がせな芸能人」というイメージが定着してきたことで、多くのパパラッチを抱える存在となったのです。
終始カメラマンが彼女を密着し、日本でいう「芸能ニュース」、「ワイドショー」といった番組では、彼女の話題で持ちきりとなっていました。
あんなブリトニーのかなりケバイ生活が連日報道されたこともあって、セレブという言葉が芸能人に使われるようになりました。
そうしてその後、財界人はもちろん、政治家等にもこれらの言葉が使用されるようになり、お金保ちの私生活やスキャンダルを観察するということが一般化したのです。
この背景には、アメリカが2000年代初頭、同時多発テロから始まった物悲しいニュースの連続に疲弊していたという背景があります。
民衆が物悲しいニュースばかりで辟易していたところで、気楽に行き渡るセレブの芸能スキャンダルが人気を集めた、という流れです。
日本では、アメリカから5年ほど遅れてブームがやってくるとよく言われていますが、日本における海外セレブのブームも、その流れで輸入されたとして良いかもしれません。

海外セレブの分類


一言で「海外セレブ」といっても、実際にはたくさんの種類に分類されます。
芸能人、アーティスト、財界人、政治家等、たくさんの種類が存在しているのですが、ひときわ凄まじく分類すると、海外セレブは「実績タイプ」と「話題性タイプ」という二つの種類に分かれることができます。
実績タイプは、なんらかの実績を記したことで知名度を得た成功者を指します。
たとえば、ブリトニーもののアーティストはここに分類します。
自らの才能とセンス、そして能力によって実績を積み上げ、その結果巨万の富を築いた、いわゆる「アメリカンドリーム」を手にした人達ですね。
ハリウッド女優等もこの「実績タイプ」に分類されます。
一方、「話題性タイプ」というのは、話題性、意外性、あるいはお騒がせな騒動において有名になった人達を指します。
当然、ただそれだけでセレブに生まれ変われるわけではありません。
海外セレブとなる条件は、お金保ちであること。
従って、こういったタイプの人達の場合は、家がお金保ちであることが最低条件となります。
あのパリス・ヒルトンが典型的な例ですね。
家柄によって経済的な条件を満たし、その天真爛漫な行動で住民を楽しませることによって海外セレブの条件を満たしています。
一見、前者の方が圧倒的に支持されそうに見えますが、実際にはそうでもありません。
後者の方が、育ちがよくファッションセンスも素晴らしいについても手広く、アメリカの市民が支持するのはそれ程「話題性タイプ」の海外セレブだったりします。
日本も、そういった人のファッションを参考にする人は多いようです。

海外セレブのランク

どうやらお気楽な生活をしている海外セレブですが、実際には大変な思いをしているというのが実状のようです。
というのも、海外セレブにも海外セレブの役割があり、共にその実績によって序列が適うからです。
やっぱ、アメリカは実績重視ということで、その面では実に困難のです。
海外セレブは、その実績によってある程度のランク分けがなされます。
そのランクは、主に「A」、「B」、「C」の三つとなっており、その実績によってそれぞれに分類されることになります。
たとえば、スゴイ知名度を覚え、絶えずその動向が注目されているヒルトン姉妹などは、Aランクに属するとして良いでしょう。
このランク分けが得る要素としては、やっぱり広告塔としての実績が第一となります。
そのセレブが持つ求心力、アクセスというモノがそのままダイレクトにその人の格を決めるのです。
そんな意味では、事務所に守られる日本のタレントより恐ろしい困難環境に身を置いているのかもしれません。
こう繋がると、断然B、Cといったランクに属するセレブは、一層上を目指そうと、目立つ行為をするのは当然と言えます。
その結果、サクサクエスカレートしてきているというわけです。
海外セレブのランクを決めるのは、日本でいう「ワイドショー」のコメンテーターの一言という点では、アメリカも似たようなものです。
ただ、アメリカの場合は毅然たる実績を貪るため、その一言にどれだけ平等なデータが詰まっているかという点が重要として、結局のところは実績重視であると言えます。
Aランクになるため、たくさんの無名のセレブ達がお騒がせな行動を起こし、なので住民が笑う。
そういった構造が確立されつつあるのです。