ハワイアンジュエリーの起源


みなさん、ご存知のハワイアンジュエリー。
現在では当たり前のようにあちらこちらで売られているアクセサリーですが、これは一体、いつごろから存在するのでしょうか?
本当は、ハワイアンジュエリーの大元は、14金ゴールドで作られたバングルだったそうです。
このバングルがハワイアンジュエリーとして作られたのは、ハワイ王朝最後の女王である、リリウオカラニのためだったそうです。
19世紀には、イギリス、ヴィクトリア女王が、亡き夫の死を悼み、喪中に黒い宝石を身につけていました。
イギリス王室と親交が濃いリリウオカラニ女王は、そのことをわかります。
そうして、王子が亡くなった際、彼の死を悲しみ、「Hoomanao・Mau」と文字を刻印したハングルを作らせたそうです。
これはハワイ語で「永遠なる想い」という意味です。
その文字は黒エナメルで刻印されていました。
このゴールドのバングルがハワイアンジュエリーの始まりです。
リリウオカラニ女王は、バングルに刻んだ言葉通り、死ぬまでバングルを身につけていたとか。
その後ですが、リリウオカラニ女王は宮殿の横にある女子校の校長に、ブレスレットを贈ったそうです。
そのブレスレットにはハワイの有名な曲名である「アロハオエ」という文字が刻まれていました。
その意味は「あなたが愛されますように」です。
このブレスレットを校長に感謝の気持ちを秘め、プレゼントしたと言われています。
そうして、校長が贈られたブレスレッドは、もうすぐ生徒の目にとまりました。

ハワイアンジュエリーの起源続き

そしたらです。
生徒の間で、ジュエリーに文字を含めることが流行します。
これが、イージーオーダーとしてのハワイアンジュエリーが広まったきっかけなのです。
徐々に大切な人への贈りものとして定着して行きました。
ハワイアンジュエリーは、恋人への贈りものや、大切な人への贈りもの、また、家族への贈りものとして、ジュエリーに愛の言葉を刻んで贈ります。
心の秘められた贈りもの、それがハワイアンジュエリーなのです。
その心は今でもしっかりと引き継がれているのです。
このようなことが起源として、現在では、イージーオーダーで刻印を入れて味わうハワイアンジュエリーが人気です。
ハワイ語で大切な人へのメッセージを刻みます。
また、お守りとしてのモチーフが描かれたハワイアンジュエリーに、お好みで刻印してもらうことが出来ます。
圧倒的イージーオーダーで作りたい場合は、ハワイアンジュエリー業者が良いでしょう。
また、ショップによっては、イージーオーダーの仕組みが若干違っています。
自分の名前を入れたり、相手の名前を入れたりと、誕生日のプレゼントとして甚だ望ましいものです。
また、ハワイ語でスキな言葉を入れて買うことも出来ますので、完全イージーオーダーでなくても有難い場合は、刻印できるショップを探しましょう。
モチーフもなんだかんだあり、ハワイの自然だったり、海の生きものだったり、植ものだったり、素敵な象徴となっています。
神話もありますし、スピリチュアルな部分では、神様や生きものが自分たちを守って得るという考えです。
ですから、ハワイアンジュエリーは「お守り」として持つ人も多いのです。