ハワイアンジュエリーの意味その1


みなさん、ハワイアンジュエリーってご存知でしょうか?
これにはシルバー材料を始め、各種材料のアクセサリーがありますよね。
そうして、各種デザインがあります。
ネーミング通り、ハワイを感じさせる模様が刻まれてあり、誠に美しいジュエリーですよね。
ご覧になったことがある方はおわかりになると思いますが、伝統的なモチーフが多いです。
ハワイの自然を表現している形が多く使われいることが、ハワイアンジュエリーの特徴です
その模様が現代的アレンジを遂げている形も増えてきました。
みなさんが良く目にする、イルカのモチーフもそうですね。
また、ウクレレや、サーフボードなど、最近ではモチーフも増えてきました。
各種モチーフを組み合わせてジュエリーに刻んであったり、単体が繰りかえし使われていたり、ハワイアンジュエリーは、バリエーションが豊富です。
みなさんも、これらのジュエリーを身にはおる際は、スキなモチーフを選んで身に羽織る方も多いと思います。
私の友人で、亀のモチーフが大スキな女性がいて、彼女はバッグやアクセサリーなど、亀のモチーフがあれば購入しているようです。
みなさんの中にも、愛するモチーフで揃えている方、いらっしゃるのではないでしょうか。
さて、これらのモチーフには、それぞれ、意味があることをみなさんはご存知でしょうか?
モチーフは、ただそれを模っているわけではなく、正しく意味も秘められているのです。

ハワイアンジュエリーの意味その2

たとえば、愛、そして、平和など、モチーフには思いが秘められています
ですから、ハワイアンジュエリーは意味のあるアクセサリーなので、お守りとして所持している人も多いですね。
自分で身に着ることはもちろんですが、相手のことを考え、意味を秘めたモチーフのハワイアンジュエリーを贈りものにすることも多いです。
別に、人に送る際は、モチーフの意味も知っておくべきでしょうね。
カードにはその意味も書き添えてみても良いでしょう。
では、いくつかモチーフの意味をご紹介ください。
ハワイアンジュエリーには、プルメリアというモチーフが可愛く使われています。
このプルメリアとは、ハワイアングッズに描かれているお花のことです。
ハワイアンジュエリーだけでなく、髪飾りなどにも生きる、どうしても人気があるモチーフです。
髪に飾りとしてつられるブルメリア、これは、ハワイの人にとって、相当身近なお花なのです。
結構良し香りのする花であり、ブルメリアは可憐な白い花です。
これは、昔から神の宿る花だと言われ、何とも神聖なものなのです。
ブルメリアの花言葉は、気品、そして、親愛、魅力です。
ですから、人の幸せを狙うモチーフとして愛用されてきました。
このことから、大切な人への贈りものとしては、最適のモチーフなのです。
また、このモチーフをはおると、魅力的になるといわれています。
そのせいか、ブルメリアをモチーフとした、髪飾りや、アクセサリーなどが多く見られますよね。

ハワイアンジュエリーの意味その3


さて、ハワイアンジュエリーでは、スクロールと呼ばれているモチーフがあります。
これは、みなさんもご存知、波の形です。
ハワイ語でこのスクロールは、ナルと言います。
波は寄せて、引き戻すことが繰り返されます。
ですから、仕上げることのないという意味です。
それにちなんで、この愛は永遠に途切れることがない、という意味を持ちます。
また、他にも海からの幸せを運んで生じる波、という意味も持っているモチーフです。
これらの意味から考えてみたら、カップルのジュエリーにぴったりではないでしょうか。
スクロールモチーフの付いたハワイアンジュエリーをカップルで交換し見合うなんて、かなり素敵ですね。
さて、ハワイアンジュエリーでは、ホヌが描かれたものも多いです。
このモチーフの意味は、守って受け取るということです。
ハワイ語でホヌと呼ばれる海亀は、神聖な生きものです。
そうして、幸運を運んでくれるホヌは、海の守り神とも呼ばれています。
ですから、災いから守って受け取るお守りとしてホヌが描かれたものを持つ人が多いと言います。
ハワイアングッズでは、いやに人気のあるモチーフであり、お守りとしてプレゼントしても喜ばれるでしょう。
そしたら、みなさんもバレルと呼ばれる樽のモチーフを見たことがあるでしょう。
ハワイアンの絵柄には良く登場するもののひとつですよね。
この樽の中には夢があるのです。
樽は夢を守って貰える。
そうして、その夢を熟成し、もう一度達成させるについてがバレルにはあります。

ハワイアンジュエリーの意味その4

このことから、成功の象徴と呼ばれるモチーフがバレルです。
何かに挑戦している人などにあげると喜ばれるでしょう。
そうして、一番かわいく見るモチーフがハイビスカスですよね。
ハワイアンジュエリーと言えば、勿論、ハイビスカスのモチーフが多く登場しますが、他にもドレスや、バッグ、サンダルや、ポーチ、各種ものに描かれているものがハイビスカスです。
ハイビスカス、イコール、ハワイアンというイメージも洗いざらい定着しています。
ハイビスカスは、ハワイ語でアロアロと言います。
これは、ただの花ではなく、神さまに差上げる神聖な花という意味です。
ハイビスカスの花言葉は、何だかんだあり、上品な美しさ、そうしたら、元来美などです。
また、目新しい恋や、信頼などの意味も所持しています。
素晴らしい未来を迎えようとしている人、真新しい恋のチャンスを待つ人に、ぜひ、身に着けてほしいモチーフです。
イルカもハワイアンジュエリーでは、可愛らしく目にする形ですよね。
ドルフィンは、ハワイ語でナイアと言います。
ドルフィンは、守護神である、アウマクアとして、昔から現地の人に大切に思われてきました。
幸運を運ぶ使者という意味もあり、ドルフィンをモチーフとしたハワイアンジュエリーを着けていると、恋愛運が良くなると言われています。
新しい恋人を探している方は、イルカのモチーフを身に着ると良いかもしれませんね。
また、失恋で落ち込んでいる友人に、プレゼントしても良いですね。

ハワイアンジュエリーの意味その5


ハワイアンジュエリー以外でも、シルバージュエリーなどでよく見掛ける釣り針の形があります。
これは、フィッシュフックと呼ばれているモチーフです。
見たとおり、釣り針で魚を釣るので、意味としては、幸せを釣り上げる、ということだそうです。
そうして、安定や幸福を確保、また、繁栄に関しても持っているモチーフです。
ですから、結婚祝いのプレゼントには、フィッシュフックがモチーフになった、ハワイアンジュエリーなどいかがでしょう。
そしたら、パイナップルのモチーフも、ハワイアンでは可愛らしく見極める形です。
パイナップルの意味は、大地と太陽の恵みです。
そうして、パイナップルは、富と財運の象徴という意味もあります。
ですから、金運をアップしたい方は、中でも身に着けてほしいハワイアンジュエリーです。
ホスピタリティを象徴するものがパイナップルであり、まごころのおもてなしのシンボルとしても有名です。
ですから、歓迎することの意味も秘めたモチーフと言えるでしょう。
みなさんは、ハワイアンキルトってご存知でしょうか?
どうしても美しいものですよね。
パイナップルモチーフで作られているハワイアンキルトを飾っているおうちは、先方を歓迎するということを表現しているのです。
さて、ホエールテールは、ご存知の方も多いと思いますが、くじらのしっぽです。
ハワイアンのモチーフにも数多く見られます。
ハワイでは、くじらを見極めることが出来る、イコール、幸運としています。
殆ど見ることが出来ないものですからね。

ハワイアンジュエリーの意味その6

だから、ホエールテールモチーフのハワイアンジュエリーは、強運を希望する人に向いています。
これから事業を成功させたい人、勝負に挑む人に捧げると喜ばれるでしょう。
そうでなくても、運気を強めたいという人はザクザクいらっしゃるようですから、全体的に運気を授けるプレゼントとして送ると喜ばれると思います。
そしたら、ハワイアンジュエリーにも選べる、マイレと呼ばれているモチーフは、平和や縁結びという意味があります。
ハワイ語もマイレと言いまして、大切な人との絆を表したものです。
ハワイで結婚式をあげる際、マイレのレイで新郎新婦の手を結びます。
神聖なる結び付きということを意味します。
また、ハワイアンジュエリーの中には、モンステラをモチーフとしたものがあります。
ハワイ語でMonsteraと書きます。
これは、水が湧き出るという意味です。
モンステラの花言葉は壮大な計画、そして、奥深い関係です。
モンステラは、グリーンが鮮やかでものすごく切れ込みが入った葉が特徴です。
ハワイアンジュエリーだけでなく、インテリアなどの雑貨にモンステラのデザインが望ましく在るようです。
みなさん、いかがでしょうか。
ハワイアンジュエリーに刻まれている、各種形、モチーフには、それぞれ意味が秘められているのがおわかりになったと思います
ご自分で身につける時、または、お友達にプレゼントするとき、モチーフに秘められたその意味を考えてみると、ハワイアンジュエリーの魅力が益々増すと思います。